フラダンスで使われる楽器

フラダンスでは、ウクレレの以外にもハワイ古来の様々な楽器が使われます。ここではフラダンスに使われる楽器を紹介します。

フラダンスと音楽

フラダンスの構成要素として、詩的形式の物すべてを意味するメレと呼ばれる「歌」が欠かせません。打楽器によるリズムや単純な韻律、ウクレレなどの楽器、バックバンドのフルコーラスにいたるまで、詩と歌は一体といえるでしょう。ハワイの伝統や神話を描く古典フラ、カヒコのメレは、踊り手と歌い手の調和が生まれて初めてカヒコが成立します。またカヒコで使われる楽器は神々が与えた魂が宿るとされ、楽器を扱う人はとても大切にしていたようです。

フラダンスに使われる主な楽器

ウクレレ

ハワイを代表する楽器ですが、ウクレレを使うのは現代フラのアウアナのみです。19世紀後半にポルトガル移民が持ち込んだ小型ギター、ブラギーニャが原型といわれています。ウクレレの誕生を期にメロディを持つ音楽が誕生したことで、フラの世界は大きく変化していったのです。

イブケア

古典フラのカヒコで使われる楽器で、チャントを唱える人が使います。カラバッシュというひょうたんをくりぬき、2つ張り合わせてある楽器です。
側面を叩きリズムを奏でます。

イブ

イブもカヒコで使われる楽器で、ダンサーがリズムを刻みながら踊ります。イブケア同様ひょうたんでできた楽器ですが、イブの方が少しどっしりしています。

プイリ

竹製の、縦に切れ目が入っているスティック状の楽器です。2本セットでドラムスティックのように使います。
2本のスティック同士を打って音を鳴らしたり、ダンサーが踊りながら自分の手足や肩を叩くことで音を出します。こちらもカヒコで使われる楽器です。

ウリウリ

ラアメヤというひょうたんに似た実やヤシの実をくりぬき、その中にポエやアリイなどの実を入れたマラカスのような楽器です。
カヒコで使われ、ニワトリの羽で装飾されているのが特徴です。

横浜フラ教室をお探しであれば、フラダンスやタヒチアンダンスのレッスンを行っているハラウオカマヌフラレアをご利用ください。
横浜駅近くと交通の便も良いスタジオで、ハワイの雰囲気を感じながら一緒にフラダンスの楽しさを学びましょう。