フラに大切なハンドモーション

かつて、文字の代わりに踊りや歌でハワイ語を伝えてきた古代ハワイアンは、フラや祈りの歌を通して神々に敬意を表し、自然の美しさや人の心などを表現してきました。そのため、フラには欠かせないハンドモーションやステップにはひとつひとつ意味があります。ハンドモーションが持つ意味を理解することで、気持ちを込めてフラを踊ることができます。ここでは、様々な意味を持つハンドモーションについてご紹介します。

様々なハンドモーション

ハワイ語には様々な解釈がありますが、ここでは数あるハンドモーションの中でも代表的なものを紹介します。

アロハ

こんにちは、さようなら、愛しているなど、日々の挨拶や愛する人への思いなどを表す大切な言葉です。
ゆっくり丁寧に胸の前で手をクロスさせ、その大切な気持ちを抱きしめるように表現します。

オエ

リリウオカラニ女王作詞の名曲「アロハ・オエ(さようなら、あなた)」のオエは、両手を胸の前に持ち上げてから、ゆっくり前の方へ手を差し出します。
右手だけや両手など様々なバリエーションがあります。

プア

プアは花の意味ですが、子供や子孫、愛するものなどの思いも込められています。指をつぼめ手のひらを上に向け、花のつぼみを表現します。
前に出したり、斜めに出したりと手の出し方は何通りかあります。

マカニ

風を意味し、両手または片手を頭の上でなでるようにゆっくり回転させます。指先までしなやかに動かし、風が吹く様子を表現します。

アヌエヌエ

レインボーステイト(虹の州)とも呼ばれるハワイでは、虹は見るものに幸せをもたらすともいわれています。
虹のハンドモーションは頭の上で両手を合わせ、橋の形を作り表現します。

フラダンスが持つハンドモーションの意味を知ると、フラの持つ意味や心がより深く理解でき、フラの上達につながります。

横浜周辺でフラスクールをお探しであれば、ハラウオカマヌフラレアをご利用ください。ハラウオカマヌフラレアは、ハワイ島のKumu Hula(フラの伝承者)ジョニー・ラム・ホー主宰の「Halau O Ka Ua Kani Lehua」の姉妹校です。横浜駅西口から徒歩5分とアクセスしやすいフラスクールで、体験レッスンもご用意しております。